飛行させる際に確認・注意事項について

飛行させる際に確認・現地調査が必要な条件について

周辺環境
1.無線基地局周辺などの電波障害が発生しやすい場所
2.構造物に近接(10m以内)する場合や橋の下・屋内等のGPS障害が発生しやすい場所
3.鉄筋・鉄塔・大型発動機等の大きな鉄の塊がある場所

許可・安全面
1.国土交通省や土地の所有者の飛行許可がない場所
2.国土交通省の飛行許可を取得していない人混み・イベントの上空
3.離発着場所が確保できない場所(歩道や車道、機体の水平が保てない場所)
飛行することが不可能な条件について

天候
1.雨天(霧雨不可)や降雪、霧(機体が目視できない場合)
2.瞬間最大風速5m以上
3.高温(40℃以上)、低温(0℃以下)
※上記の条件に当てはまる飛行をご依頼する場合は当社にご相談ください。可能な限り対応いたします。
※撮影現場で安全を確保できない場合は、パイロットの判断により飛行を中止する場合がございます。
※現地調査につきましては撮影料金に含まれておりません。飛行前に周辺環境や現地の状況を必ずご確認ください。
※詳しくは注意事項・Q&Aをご確認ください
注意事項・Q&A:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/disclaimer.html

中型ドローン空撮料金

中型ドローン(半日・4時間まで)
使用機体:Phantom4Pro Ver2.0(動画:4K、静止画:2000万画素)
作業時間:機材設置・撮影・撤収を含めたトータル4時間以内
作業人数:パイロット1名
60,000円(税別)

運搬交通費
中型ドローン(1日・8時間まで)
使用機体:Phantom4Pro Ver2.0(動画:4K、静止画:2000万画素)
作業時間:機材設置・撮影・撤収を含めたトータル8時間以内
作業人数:パイロット1名
100,000円(税別)

運搬交通費

大型ドローン空撮料金

大型ドローン(半日・4時間まで)
使用機体:DJI S1000+(動画:1920×1080、静止画:2400万画素)
作業時間:機材設置・撮影・撤収を含めたトータル4時間以内
作業人数:パイロット1名、安全管理・撮影補助員1名
120,000円(税別)

運搬交通費
大型ドローン(1日・8時間まで)
使用機体:DJI S1000+(動画:1920×1080、静止画:2400万画素)
作業時間:機材設置・撮影・撤収を含めたトータル8時間以内
作業人数:パイロット1名、安全管理・撮影補助員1名
200,000円(税別)

運搬交通費

空撮依頼時の注意事項

※上記に記載している時間は現地拘束時間になります。撮影内容により飛行時間は変わりますので、打ち合わせ時にご相談ください。
※上記の金額は一箇所の撮影条件になります。撮影箇所が増える場合はご相談ください。
※大型ドローンは機材運搬の必要があり、駐車できる場所から50m以内で離陸をして頂ますよう、お願いいたします。
※上記は自動車で撮影現場まで行ける場合の撮影料金で、離島や山岳地帯、海上などは別途お見積りいたします。
※どの撮影に付きましても、予備日を設定願います。予備日は2日間までとしておりますが、それを超える場合はご相談ください。
※上記の使用機体や空撮価格は事前予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。
※原則、撮影当日・受注前までの打ち合わせは電話またはメールにて行っております。直接打ち合わせを行いたい場合はご相談ください。

その他費用

運搬交通費
実費(ガソリン代、高速利用料金)+機材運搬費
国交省への飛行許可申請
人口集中地区(DID)、建物から30m未満の飛行
無料
1.機体が目視で確認できない飛行(目視外飛行)
2.夜間飛行(日没後)
3.イベントまたは多数の人が集まっている場所の上空
4.空港周辺や高度150m以上上空

※安全・運行管理のため、上記の飛行については依頼ごとに許可申請をしております。
※申請には10日開庁日以上掛かりますので、お早めにご連絡ください。
10,000円(税別)~ご相談
申請期間:10日開庁日以上
オプション
現地調査(飛行させた場合はフライト分の料金を頂戴いたします。) 別途お見積り
宿泊費(スタッフの人数分) 実費
撮影箇所追加料金 ご相談
特殊撮影(夜間・山岳・海上・イベント等の撮影難易度の高い場合) ご相談
近隣対策費・各所への打ち合わせ(警察・空港・土地の管理者) ご相談
報告書作成 ご相談
※価格は全て税別表記です。

事故の保険について

ドローンによる1事故につき対人・対物合計1億円の保険に加入
保険会社名:東京海上日動火災保険株式会社