ドローンによる上空からの今までにない迫力ある映像をお届けします

ドローンの性能が飛躍的に向上し、遠隔操作で柔軟な空中撮影が対応出来るようになりました。 現在では単純な空撮のみならず、眺望撮影や建設過程の撮影、構造物のひび割れ点検など活用範囲が多岐に渡っております。 ドローンにしか撮影できない画期的な視点を皆様にお届けします。

ドローンによる空撮映像の活用例

PS御器所
建設・土木工事(クリックで拡大)
上空からの竣工写真撮影、ビル工事の進捗状況資料撮影、護岸工事など広範囲の撮影、高速道路や橋の点検資料用の撮影する事が可能です。
PSヤマイチ
大規模施設点検(クリックで拡大)
人が登ることのできない劣化した屋根の上や足場を組むことが出来ない橋梁・構造物に近づき、高解像度の画像を撮影する事が可能です。
PSファミリーカーショップ
企業・施設PR(クリックで拡大)
HPに掲載する各施設の写真や動画、最寄りの公共交通機関から会社までの経路など、会社のPRに使用できる写真を撮影する事が可能です。
PS眺望
建設前マンション(クリックで拡大)
マンション建設前にバケット車等を使用して撮影を行っていた各フロアの景色を、短時間・低価格で撮影する事が可能です。
PS奥大井
観光施設(クリックで拡大)
山岳地域や海岸地域の観光施設など撮影が難しい場所でも背景を入れて上空から撮影する事により、その魅力をさらに引出せます。
PSシステック
太陽光パネル(クリックで拡大)
大規模太陽光パネル点検の低空撮影、太陽光パネル全体の上空からの撮影など工事の進捗報告資料などにも利用できます。