学生インターン生がドローン事業に挑む

学生インターン生がドローン事業に挑む

こんにちは!東洋アドバンスドローン事業部の石原守です。
だいぶ遅くなってしまいましたが、先日行われた「メッセナゴヤ2017」に出展して感じたことを記載します。
まず始めに「メッセナゴヤ2017」にて、当社のブースにお越し頂いた皆様
誠にありがとうございました。

メッセナゴヤの感想

私は、メッセナゴヤを含め2度目の展示会参加になりました。
2度目の展示会参加にも関わらず、かなり緊張していました。
かなりの数の来場者数、企業の出展ブースの多さに圧倒されてしまったからです。
見たことのない展示物、新たに製造されたものなどワクワクするようなものでいっぱいでした。
来場者数は、メッセナゴヤの運営事務局によりますと一番多い日で約19000人であったそうです。
ブースにお越し下さったお客様の質問で、多かったこととしましては「岐阜県大垣市でのドローンの墜落事故」のことや、
「当社がドローンで何をやっているか?」、「ドローンで橋梁点検できるのか?」などです。
これらの質問で感じたことですが、お客様のドローンに対する不安や懸念、
ドローンがかなり認知され始め空撮が珍しくなくなってきている事や「山林や橋の下など、
GPSが届きにくい所でドローンを使えないかを検討しているのが増えているのでは?」等を感じました。
当社は、中型ドローンのPhantom4と大型ドローンのS1000の二機で空撮事業を請け負っています。
空撮によるビルの劣化診断、大型工場の屋根の調査、会社のPR動画作成、工場屋根補修・塗装前、後の記録写真撮影、工事の定点観測などを行ってきました。
ドローンの空撮だけでも、多くの使い道がありますが空撮以外のレーザー測量であったり、測量データの加工など新しいドローンの使い道をさらに、模索中です。
お客様の要望にお応えできるようなドローンの使い道を常に追求しながら、ドローンの情報を日々収集して、お客様のお役に立ちたいと思います。
PB100729
PB110754
[大勢の来場者様]
参考として、DJI社のMATRICE200シリーズについて書きます。

MATRICE200シリーズの実用例

DJI社のホームページによるとMatrice200シリーズは送電線の点検・検査、風力タービンの点検・検査、橋梁の点検・検査など
今までのPhantomシリーズやInspireシリーズではなかなか撮影するのが難しかった領域でも撮影できるよう設計されたのがこのMATRICE200シリーズだそうです。

何が今までの設計と違うのか?

MATRICE200シリーズは、MATRICE200, MATRICE210, MATRICE210RTKの三種類が
あります。
今までのドローンは、下方に単一のジンバルが取り付けられていたのですが
MATRICE210,MATRICE210RTKは、上方にも単一のジンバルが取り付けられるようになったそうです。「単一上方ジンバル」
さらに下方にジンバルを2つ取り付けられるそうです。「デュアル下方ジンバル」
上方にジンバルが取り付けられるようになることでカメラが上に着けられるようになりました。
下方にジンバルを2つ取り付けられるようになることで異なる性能を持つカメラを同時に装着可能になります。

MATRICE200シリーズのバッテリーは、自動でバッテリーを温める機能が備わっておりDJI社によると雪山などの厳しい環境下でも飛行させることが出来るそうです。

このMATRICE200シリーズは、今までのDJI社のどのドローンよりも耐久性に優れているというのが特徴と言えます。
風力タービンの点検ができるくらいなので相当の耐久性といえるでしょう。

いろいろなドローンの開発が次から次へと進んで、驚きばかりです。
ドローンの情報をたくさん収集していきながら、お客様の要求に応えられるように
東洋アドバンスドローン事業部も精進して参ります。

これからもブログにドローンの情報や日々の様子を発信していきます!
どうぞよろしくお願い致します。