「続々発売!Phantom4 proとInspire2の性能とは?」

「続々発売!Phantom4 proとInspire2の性能とは?」

東洋アドバンス㈱社長の山口誠です。今日は「ドローンよもやま話」で
ドローンメーカーDJIの新製品について書きます。

ドローンメーカーの最大手のDJIから「ファントム4プロ」と「インスパイア2」が
発表されました。最近はドローン関係者以外の一般の方でもファントムの
名前を知っている人が多くなったので驚いています。

また上位機種のインスパイアがファントムに比べてモデルチェンジが
無かったのですが、満を持して改良されました。

この機種になると完全に専門的な撮影をする機種なので一般の方には
なじみが薄いかもしれませんが、興味のある方は読んでください。

以下、簡単にそのグレードアップされた部分を書きます。

[Inspire2]

・飛行性能の向上
ボディの軽量化によって機動性や機体スピードが改良されて
最高時速108kmと発表されています。またバッテリー性能も向上して
最大27分が飛行可能になり、デュアル・バッテリーによって
飛行中に1つのバッテリーが故障してももう一つがカバーして
バッテリー切れによる墜落を防ぎます。

・映像技術の進化
静止画が約2000万画素まで画質が上がって大容量のファイルの
処理スピードも上がりました。
カメラ性能が向上してインスパイア2はビジュアル映像系の撮影機に
ますます特化した感じです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c2
【Inspire2】

[Phantom4 pro]

・新しい飛行機能
ドローモードでプロポのディスプレイ上に線を描くとその線の通りに
飛行できます。またアクティブトラックは人や自転車をカメラで捉えて
追尾でき、障害物回避機能もあります。(これはファントム4にもついています)
最大フライト時間は30分。

こうして書くと素晴らしい改良点ばかりですが、以前もブログに書いた通り
これらが実際の現場で必ず機能するとは限りません。
しかし技術革新によって安全性や利便性がどんどん高まるのは大歓迎です。

e-1-efad60ebb1a2dd8f90d8244e88fcfe59
【Phantom4 pro】

ドローン操縦の難しい点は突発的な「電波障害」「風による影響」
「機体の不具合」です。
これらが飛行中に突然発生するとすぐに安全に着陸させるのですが、
通常はGPSモードをマニュアルモードに変更して帰還しなければなりませんが、
マニュアルモードは小売りの上でスケートするように不安定です。
(GPSが受信できていれば強制帰還モードで自動帰還させます)

何しろドローンは地上ではなく空中からの回収ですから危険がいっぱい。
「ドローンは空飛ぶ草刈り機」と言った著名な方もいます。

当社では安全飛行に最大限配慮してドローンの飛行を行います。
今後ドローンの安全性が飛躍的に高まれば、誰でも操縦できて
事業者が不要になったりして…。(笑)
そうなると当社は困りますが、夢がある話なので素晴らしいですね。

それではまた次回まで・・・。

今回の詳しい情報は以下のサイトを参照してください。
【Inspire2】:http://www.dji.com/jp/inspire-2
【Phantom4 pro】:http://www.dji.com/jp/phantom-4-pro

ドローンに関する各種お問合せ、空撮のご依頼は下記フォームに
必要事項をご記入の上送信してください。
お電話でのお問合せは下記電話番号までご連絡ください。
東洋アドバンス株式会社 空撮事業部 担当:山口
TEL:052-871-5558
お問い合わせフォーム
http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/contact.html

今後とも愛知県名古屋市でドローン空撮事業をしている
東洋アドバンス(株)をよろしくお願い致します。
ドローン空撮事業サイト:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/
空撮事業ブログ:http://kuusatsu.toyo-adv.