国土交通省の飛行許可について

国土交通省の飛行許可について

皆さんこんにちは東洋アドバンスドローン事業部です。
最近気温が徐々に上昇していき、バッテリー運用する上で温度を気にしなければいけない時期になりました。当社も安全管理を徹底し、慎重に空撮を行っていこうと思います。

さて、今更ではありますが、国土交通省(以下 国交省)の飛行許可についてブログを書いていこうと思います。
当社も様々な空撮のお話を頂いておりますが、まだまだお客様まで飛行ルールが浸透していないのが現状です。ドローンに対する過度な期待ばかり先行してしまい、ほんの一握りですが無理難題な要求をしてくる方もいらっしゃいます。今回は復習という形で「飛行のルール」について簡単に解説していきたいと思います。

改正航空法

現在、ドローンを飛行させる際に、様々なルールや規制、条例が存在しています。
一番有名なのは国交省の航空局から発布されている「改正航空法」という飛行ルールです。

対象となる機体

飛行ルールの対象となる機体は以下になります。
「200g以上(バッテリーの重量を含んだ総重量)の飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」
引用:国土交通省 航空局 飛行ルールの対象となる機体
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000040.html 

一般的におもちゃを販売しているものでも200gを超えていれば上記の対象となってしまいます。この重量にはバッテリーも含まれているので、飛行させる際はご注意下さい。


引用:国土交通省 航空局 飛行ルールの対象となる機体

規制している空域

続いて、飛行ルールで規制している空域の解説をしていきます。
飛行ルールで規制している空域は以下になります。

【規制している空域】
・空港等の周辺や空域
・地表または水面から150m以上の高さの空域
・人または家屋の密集している地域の上空

以上の3つになります。
上記の上空は飛行機との衝突のリスクや、人家やビルに衝突してしまう危険性があり飛行禁止となっております。これらの飛行空域を飛行させる場合は航空局の飛行許可が必要になり、空港の周辺については「飛行させる日時やルート等を打ち合わせ」を空港と行う必要があります。


引用:国土交通省 航空局 無人航空機の飛行の許可が必要になる空域について
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000041.html


参考:jSTAT Map 人口集中地区 名古屋(人口集中地区のフィルターを掛ければ確認出来ます)
https://jstatmap.e-stat.go.jp/jstatmap/main/base.html?1529910080809

禁止されている飛行の方法

先程は規制されている空域ついてお話をしていきましたが、飛行の方法にも規制が掛かっています。規制が掛かっている飛行の方法は以下になります。

【承認が必要となる飛行の方法】
・夜間飛行(日没後かた日の出まで)
・目視外飛行(直接肉眼で機体の状況や機体周囲を監視できない飛行)
・人(第三者)または物件(第3社の建物、自動車)との間が30m未満の飛行
・イベントや祭りなど多数の人が集まる催しもの上空
・爆発物などの危険物の輸送
・無人航空機からものを投下する飛行

以上の6つになります。
上記の方法で飛行させる場合は国交省の飛行許可を申請する必要があります。
以前、岐阜県大垣市で発生してしまった事故により、イベント上空での飛行に明確な基準が設けられました。それぞれの飛行を行う場合、クリアしなければならない基準があるので、必ず確認を行って下さい。


引用:国土交通省 航空局 承認が必要となる飛行の方法について

【違反した場合】
改正航空法が定めるルールに違反した場合には、50万円以下の罰金が科せられます。

実際に上記のルールを守らず、逮捕された実例も上がってきています。例えば、夜間飛行許可を取得せずに花火を撮影していたり、姫路城付近を無許可で飛行させたりと、年間68件もの無許可飛行が報告されています。

まとめ

今回は改正航空法について簡単に解説していきました。これは国土交通省の航空局のサイトに掲載してあるので、ドローンの依頼をご依頼する際に確認しておくとスムーズに打ち合わせが行えます。今回のブログには記述しませんでしたが、細かな解釈や基準もございます。飛行してもよいか分からない場合は、当社の空撮担当者にご相談ください。

弊社では!!

東洋アドバンス(株)では、日本全国で
飛行する年間包括許可を受けています。

その他ドローンに関するに質問ついてもご相談を受け付けていますので、お問い合わせください。

ドローンに関する各種お問合せ、空撮のご依頼は下記フォームに
必要事項をご記入の上送信してください。
お電話やメールでのお問合せは下記電話番号・メールアドレスまでご連絡ください。

東洋アドバンス株式会社 ドローン事業部 担当:水野 山口
TEL:052-871-5558
Mail:drone@toyo-adv.co.jp

お問い合わせフォーム
http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/contact.html

今後とも愛知県名古屋市でドローン空撮事業をしている
東洋アドバンス(株)をよろしくお願い致します。

ドローン空撮事業サイト:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/
空撮事業ブログ:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/blog