S1000用Lipoバッテリーの処分方法

S1000用Lipoバッテリーの処分方法

こんにちは!東洋アドバンス株式会社ドローン事業部の楠本です。

 

皆さんインフルエンザ対策は行っていますか??
最近はインフルエンザが大流行しているらしいです!
なんでもインフルエンザの種類にA型とB型の2つがあり、
さらにA型とB型にも数種類あると聞きました。
予防接種を受けたからと言って油断できませんね。。。
私も気を付けて予防します。

 

今回のブログでは、先日投稿したブログで告知した
「膨らんでしまったバッテリーの処理方法」について
書いていきます。
※先日のブログ記事について
→「墜落の可能性も!?冬場ドローンを飛行させる時に必要な注意点

 

バッテリーについて
このバッテリーの正式名称は「リチウムポリマー・バッテリー」と言い、
略称して「リポバッテリー(Lipoバッテリー)」と言います。
P2090970P2090972
(レンガの様に大きいバッテリーです。)

当社ではこのリポバッテリーを、
大型産業用ドローン「S1000」の
飛行に6個所有しています。

4a54aa966f5d27db078b3b8660382465-1024x576

今回処理するバッテリーは、先日のブログにも書いたように
バッテリー内部でガスが発生し、膨らんでしまった物です。
P1220819
(もともときれいな立方体でしたが、膨らんで丸みを帯びています。)

 

膨らんでしまったバッテリーは、爆発・発火等の恐れがある為使用を避けています。
今回は安全の為、この膨らんだバッテリーを廃棄処理する事にしました。

 

処理の方法

まずバッテリーに蓄電されている電力を減少させるために、放電を行います。
バッテリー内に電気が残留したままゴミに出すと、
ゴミ処理の段階で火災が起こる可能性があるので
必ず放電します。
P1260823
(放電には専用の充電器を使って放電を行います。)

 

充電器を使い電気を放電した後、食塩水の中にバッテリーを入れて、
残った電力を水中に放電します。

P1290914
食塩は水に対して、5%の濃度になるように入れます。
使用するのは絶縁体であるポリバケツにしました。
P1290918
(塩の量をきちんと量って、塩水を作りました。)

 

今回、バッテリーの塩水処理は8日間行いました。
次に日ごとのバッテリーの変化を書いていきます。

【1月29日(月)】1日目

始めに、塩水処理を始めた1日目の変化について。
処理を開始した時刻は午前9:58。
バッテリーを食塩水に入れ、しばらくすると
電気の放電により、黒色のケーブルから泡が出てきました。
黒色のケーブルから泡が出なくなるまで、塩水処理を行います。
無題

P1290921
(泡がしゅわしゅわと出ています。)

 

ガスが発生するので、バケツを風通しが良いベランダへ移動させ、放置します。

P1290925

P1290923
(放電中・・・。)

P1290942
バケツの底に青色っぽい沈殿物が発生しました。
黒色ケーブルからは、勢いよく泡が出ています。
(12:55)

P1290945
食塩水全体が濁り始めました。
(15:40)

 

 

【1月30日(火)】2日目

P1300949
(なにやら浮いてます・・・。残念ながら正体不明です。)
P1300950
塩水の表面に物体が浮き始めました。
黒ケーブルからの泡はまだ出ています。
(9:33)

 

【2月5日(月)】8日目

P2050963
表面に浮いていた物質が沈殿して、
今まで濁っていた塩水が、底まで確認できるようになりました。
泡が出なくなっている事から、物質の発生がおさまった為、
食塩水が安定し物質が沈殿したと考えられます。
(15:00)

 

 

泡が出なくなって、放電が完了したのでバッテリーを取り出します。
P2050965
(食塩水から取り出したバッテリー)

ケーブルの金属部品が腐食していました。

P2050967

バッテリーを確認すると、
コードの部分がボロボロになっていました。
P2050968

P2050966
後はバッテリーを乾燥させ、名古屋市のゴミ処理条例に従った処理を行います。

 

 

バッテリー処理を終えて
今回リポバッテリー処理を行うために、大型リポバッテリーについて多くの事を
勉強することが出来ました。
この知識を今後ドローン事業部で活かしていきたいと思います。

 

皆さんもバッテリー類の取り扱いには十分に注意して、
安全確保を心掛けましょう。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

参考

関連ブログ:
ドローン機体の整備点検日:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/blog/1861.html
Phantom4のアップデート方法について:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/blog/1534.html

参考サイト:
セキド公式サイト(Q&A):http://sekidocorp.com/faq/
POLARIS EXPORT(Q&A):http://www.polaris-export.com/q-a/dji

 

弊社では!!

東洋アドバンス(株)では、日本全国で
飛行する年間包括許可を受けています。

ドローンに関する各種お問合せ、空撮のご依頼は下記フォームに
必要事項をご記入の上送信してください。
お電話やメールでのお問合せは下記電話番号・メールアドレスまでご連絡ください。

東洋アドバンス株式会社 ドローン事業部 担当:山口、水野
TEL:052-871-5558
Mail:drone@toyo-adv.co.jp

お問い合わせフォーム
http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/contact.html

今後とも愛知県名古屋市でドローン空撮事業をしている
東洋アドバンス(株)をよろしくお願い致します。

ドローン空撮事業サイト:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/
空撮事業ブログ:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/blog