学生インターン生がドローン事業に挑む「展示会の御礼」

学生インターン生がドローン事業に挑む「展示会の御礼」

みなさん、こんにちは!ドローン事業部スタッフの石原守です。

先週の10月18日、19日に吹上ホールで開催された「建設技術フェア2017in中部」に東洋アドバンスドローン事業部は、出展いたしました!
当社のブースにお越し頂いた方々、誠にありがとうございました。
kenntiku

初めての展示会

「建設技術フェア2017in中部」では、約270社の建設関係の企業が出展していました。あまりの企業の数の多さにビビり、当日は緊張しっぱなしでした。

初めての企業の展示会に参加したことにより、
どうやって自社の強みをアピールするのか、
どのようにブースに来てくださったお客様に、
ドローンの説明をするかなどたくさん勉強させて頂きました。

前日のブースの設営では、社長、ドローン事業部の先輩である水野さん、私の3人で行いました。
初めてということもあり、
順番を考えながら装飾をすることが
出来ませんでした。

社長と水野さんのアドバイスがなければ
時間が遅くまでかかっていたと思います。

ブースの装飾をどのようにすれば、素早くそして自分たちがお客様に伝えたいことを表現できるかを考えなければならないと思いました。

展示会1日目は、とにかくガチガチに緊張していました。
社長がどのようにお客様にアピールしているかを見て、
手探り状態でやっていました。

手探り状態であったため、
お客様に質問が来た時に上手く答えることが出来ませんでした。

1日目の悪かった点を振り返り、2日目に挑みました。
2日目は、1日目よりもお客様との対応を上手くやれるようになりました。
お客様とのコミュニケーションで、注意すべきことは3秒以上「会話の間」を空けてはいけないということです。
3秒以上「会話の間」が空いていしまったら、お客様は立ち去ってしまいます。
説明を聞いてもらうためにも、質問には素早く答え、アピールすることを簡潔にまとめることが大切であると学びました。
初めてあったお客様の、ドローンに対する知識レベルを会話の中で見極めるのはとても難しいです。
話す内容も変わってくるため、見極めがとても重要になってきます。
11月に「メッセナゴヤ2017」にも出展するため今回の反省を生かして、ブースの運営をしっかりこなせるよう頑張りたいと思います。
皆様もお時間があればぜひ当社のブースへお越しください!
当社のブースはポートメッセナゴヤ第2展示場の「2B-83」です!
IMG_1232
[装飾中]
IMG_1231
[ブースの準備完了]
IMG_1230
[接客中]

弊社では!!

東洋アドバンス(株)では、愛知県・三重県・岐阜県・静岡県で
飛行する年間包括許可を受けています。

その他ドローンに関する飛行についてもご相談を受け付けていますので、お問い合わせください。

ドローンに関する各種お問合せ、空撮のご依頼は下記フォームに
必要事項をご記入の上送信してください。
お電話でのお問合せは下記電話番号までご連絡ください。
東洋アドバンス株式会社 空撮事業部 担当:山口、水野、楠本、石原
TEL:052-871-5558
お問い合わせフォーム
http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/contact.html

今後とも愛知県名古屋市でドローン空撮事業をしている
東洋アドバンス(株)をよろしくお願い致します。
ドローン空撮事業サイト:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/
空撮事業ブログ:http://kuusatsu.toyo-adv.
ホンキ系インターンシップofficial blog「ホンキで挑戦する大学生」:
http://blog.livedoor.jp/gnethonki/