長期学生インターン第2期生ドローン事業奮闘記 ~初空撮現場~

長期学生インターン第2期生ドローン事業奮闘記 ~初空撮現場~

皆さんこんにちは!東洋アドバンス(株)ドローン空撮事業スタッフの楠本です。

2月1日からインターンシップが始まり、なんと!
2月22日に初めて空撮現場へ補助員として関わる事が出来ました!!

不慣れなことや、緊張の連続で昼食後の時点で疲れが出ています(笑)
そんな僕の隣ではいつも通り、バリバリ仕事をこなしていく
インターン第1期生の水野さん・・・。負けてられません!!
今回は初めての空撮現場の報告をしていきます。

空撮をするために

今回の空撮は「完成後のマンションからの景色」を
「建設前の更地の状態」でドローンを使い、撮影することが目的です。

今回の空撮のために「ドローンを飛ばします」という告知を周辺の民家へポスティングや、
ドローンを飛ばすポイントに杭を打ち込むなど、
多くの準備が必要だと知りました。
また、実際に作業にも関わることができ、
良い経験になりました。

「長期学生インターン第2期生ドローン事業奮闘記 ~建築物、構造物~」で僕がポスティングしたのは、
今日の空撮のためでした。

当日の作業

そして当日の朝、いつもより一時間以上早く出社し、
車にドローンを積み込んで空撮現場へ向かいました。
目印の杭の位置が正しいか再確認し、空撮開始!!

ドローンで空撮する場所は「南向きの15階のベランダ」等、
マンションのテラスや部屋、ベランダから見える景色が重要なので、
高度や方向が厳密に指示されていました。
建築後、マンションを購入しようと考えるお客様は、
この空撮で得られた情報を頼りに部屋のイメージをされるので、
事前の打ち合わせ通りにドローンを慎重に飛ばして撮影しなければなりません。

私はドローンの操作をしている水野さんへ、目的の高度と現在のドローンの高度を
逐一報告していました。
作業は報告だけでしたが、失敗したら・・・
というプレッシャーが大きく、気疲れしました。
何事もなかったかの様に振る舞う水野さんを見て経験の差を感じました。

DJI_0148
【Phantom4で撮影した地上150mからの景色】

感想

初めての空撮現場は緊張の連続でした。
朝、会社でドローンを車に運ぶ時から、ドローンの高度の報告まで
気が抜けないことばかりでした。
緊張していた反面、ドローン空撮事業のメインである空撮現場
に関われたワクワクも大きかったです!
これからも引き続きドローンについての知識を深め、
操作の練習を重ねていき、出来るだけ早く私自身が現場で空撮を
行えることができるように頑張っていきます!!

弊社では!!

東洋アドバンス(株)では、愛知県・三重県・岐阜県・静岡県で
飛行する年間包括許可を受けています。

その他ドローンに関する飛行についてもご相談を受け付けていますので、お問い合わせください。

ドローンに関する各種お問合せ、空撮のご依頼は下記フォームに
必要事項をご記入の上送信してください。
お電話でのお問合せは下記電話番号までご連絡ください。
東洋アドバンス株式会社 空撮事業部 担当:山口、水野
TEL:052-871-5558
お問い合わせフォーム
http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/contact.html

今後とも愛知県名古屋市でドローン空撮事業をしている
東洋アドバンス(株)をよろしくお願い致します。
ドローン空撮事業サイト:http://kuusatsu.toyo-adv.co.jp/
空撮事業ブログ:http://kuusatsu.toyo-adv.
ホンキ系インターンシップofficial blog「ホンキで挑戦する大学生」:
http://blog.livedoor.jp/gnethonki/